Words [ 歳時記 ]

大暑☆本格的な夏のはじまり〜♫

Posted on 土曜日, 7月 23rd, 2022 at 6:05 PM


 本日は、、、

 二十四節気のひとつで第12番めにあたる
 大暑です。

 暑さ極まる1日でしたねぇ〜。

 大暑は読んで字のごとく
 1年で最も暑くなる時期のことを言いますが

 今年は6月から暑かったので

 夏が長くなりそうですね (ˉ ˘ ˉ; )


 こどもたちの夏休みもはじまりましたし
 

 熱中症対策と感染症対策を念入りに
 楽しい週末をお過ごしくださいませ。

 そして、本日は夏の土用の丑の日!

 うなぎ屋さんが賑わう日です。

 うなぎは
 疲労回復に効果のあるビタミンAやビタミンB2を多く含むため
 夏バテ防止や食欲不振の解消に効き目があり
 暑い夏に好んで食べる風習があります。

 うなぎ以外にも
 「う」のつく食べ物を食べて無病息災を願っていたそうで

 利尿作用でむくみを解消してくれる「ウリ科」の野菜、きゅうり、スイカなど
 疲労回復効果のあるクエン酸の多い「梅」
 消化吸収のよい「うどん」などがあります。

 「う」はつきませんが、、、
 大暑の日が天ぷらの日に設定されているのはご存知ですか?
 

 うなぎと同じで
 天ぷらにもスタミナをつける効果があると考えられて
 夏バテ防止に天ぷらを薦めているのだそうです。

 鰻や天ぷらが食べられるようでしたら、、、
 夏バテしてませんね。
 元気。元気。

 そうめんでも、カレーでも、焼肉でも、

 美味しく食べられるものを食べて
 元気でいましょうねぇ〜♫ᐠ( ᐢ ᵕ ᐢ )ᐟ

茅の輪くぐりと午後のひと時♡

Posted on 水曜日, 6月 29th, 2022 at 6:39 PM


 思いおこせば、、、

 昨年もちょうど同じ時期に
 同じお友達と
 茅の輪くぐりに行ったのでした。

 今年は神楽坂の赤城神社で茅の輪くぐってきました。

 6月の終わりに近づいた頃
 神社に草木で作られた大きな輪が設置されるのを
 見たことはありませんか?

 それが「茅の輪(ちのわ)」です。
 *茅(ちがや)イネ科の植物

 この茅の輪をくぐることで
 厄を払い
 無病息災を願うのです。

 本来は
 明日、6月30日の「夏越しの祓(なごしのはらえ)」に行われるのが
 一般的なので

 関心のある方は
 明日、おでかけください。ね。
 でも、、、
 暑いからねぇ〜
 無理はなさらずに。

 6月の晦日に行われる「夏越の祓」は
 12月の大晦日である31日に行われる「年越の祓」と対になっているんですって。

 1年の半分が
 なんとか無事に過ぎたことのお礼に伺う
 と言う感じです。

 お参りを終えて
 近くのカフェでひとやすみです。


 お友達のリクエストで
 Aux merveilleux de Fred オー・メルベイユ・ドゥ・フレッド へ

 フランスに本店のあるメレンゲ菓子のお店です。

 2年ほど前にオープンしたお店ですが、、、
 いつも行列していて
 並ぶの苦手なので眺めてました。

 時間が中途半端だったのか?
 暑さのせいか?(たぶんこれ!)
 待ち人もなく、カフェも先客はおひとりだけ。

 ゆっくりメニューを選びました。

 メニューにアワアワがあったので
 とりあえず。。。頼みますよね。

 お昼を食べていなかったお友達は、、
 ブリオッシュとサーモンのプレート頼んでました。

 私は、、、
 お店の名前にもなっているメルベイユを。
 メルベイユ
 メレンゲ生地をホイップクリームで覆って
 細かくしたダークチョコレートをまぶしたシンプルなスイーツでした。

 軽くて
 甘くて
 雪のような口どけの
 おもしろいお菓子でしたよ。

 おしゃべりは
 あっちこっちへ飛び交い
 暑さを忘れる
 この上ない午後のひと時でした。

 気がつけば、、、
 満席になっていました。

 
 

催花雨☆春の優しい雨

Posted on 火曜日, 3月 8th, 2022 at 5:42 PM


 全国的には、、、
 お天気のところが多かったようですが

 関東地方
 東京は
 しとしとしとと柔らかい雨が降っていました。

 冬に戻ったような寒さではありますが
 

 冷たい雨と言う感じではありません。
 (実際は冷たいけれど、、春の雰囲気があるのです!)

 今時期降る雨を「催花雨(さいかう)」と言うのですね。

 桜! 早く咲け!
 と
 花をせきたてるように降る雨。

 ひと雨ごとに「春」が近づきます。

 今月のレッスンは、、、
 「桜、桜色の花、お家でお花見」をテーマにアレンジメントを作ります☆

 山形・寒河江の啓翁桜
 こころ和らぐピンク色のラクスパーなどが
 登場いたします ( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )♡

 

弥生3月☆はじまりはじまり〜ᐠ( ᐢ ᵕ ᐢ )ᐟ

Posted on 火曜日, 3月 1st, 2022 at 7:46 PM


 3月がはじまりました ᐠ( ᐢ ᵕ ᐢ )ᐟ

 今月もどうぞよろしくお願いいたします。

 暦の中の言葉に和風月明(わふうげつめい)と呼ばれる
 月を和風に呼ぶ
 名前(?)があります。

 3月は弥生
 

 「弥生」「弥」は「いよいよ。ますます。」
 「生」は「草木が生い茂る」
 という意味があります。

 冬が終わって草木が芽吹き生い茂る季節
 を、表現しているのだそうです。

 風景が思い浮かびますよね!


 旧暦で付けられたものですので
 今の季節感とは1〜2ヶ月程のズレがあります。
 新暦に当てはめると
 3月下旬から5月上旬頃になるようです。

 「弥生」の他にも、、、
 3月の呼び名がいくつかありますので
 ちょっとご紹介しますね。

 晩春(くれのはる。ばんしゅん。)
 春の最後の月と言う意味があります。
 これも旧暦によるものなのですが
 1月・2月・3月が「春」
 4月・5月・6月が「夏」
 7月・8月・9月が「秋」
 10月・11月・12月が「冬」と季節を分けていたので
 

 3月は春の最後の月にあたるのです。

 現代を生きる
 私たちの感覚では
 これから「春」がはじまるよぉ〜♫
 と言う感じですが。

 その他
 雛月(ひいなつき)雛祭りの月
 桃月(とうづき)桃の花が咲く月
 花惜月(はなおしみづき)春の花が散る季節
 花つ月(はなつづき)花の見ごろが続く季節
 花見月(はなみづき)桜が咲く季節

 日本独特の呼び名は
 季節を想像できる美しい言葉ですね♡

 
 
 
 
 
 

2月☆始まりましたぁ〜

Posted on 火曜日, 2月 1st, 2022 at 7:34 PM


 2月
 始まりましたぁ〜

 今日、お誕生日の Jちゃん
 おめでとうございまーす。

 楽しい1年になりますように!

 2月の呼称には厳しい冬と小さな春が共存する
 美しい呼び名があります。

 「如月」(きさらぎ)が一般的ですが

 他にも
 「令月」(れいげつ)
 「木の芽月」(このめつき)
 「雪消月」(ゆききえつき)
 「梅見月」(うめみつき)
 「恵風」(けいふう)

 などなど、、、

 いろいろと。
 美しい名前があるのです。

 如月は
 寒さが厳しい時期ために
 更に衣を重ね着するという意味から「衣更着(きさらぎ)」になったと言う説が
 有力とされていますが

 寒い冬が終わり
 春に向かって万物が動き始める時期という意味もあります。

 木の芽月、雪消月、梅見月は
 字をみて想像する通り
 厳しい寒さの中にある小さな春を思い起こさせる呼び名です。

 恵風は恵の風!春風のこと。

 令月は、、、
 何をするにもいい月、素晴らしい月という意味があり
 「令和」と言う元号の由来となりました。

 日本語って美しい♡

 まだまだ寒い日が続きますが
 春の兆しが見え始める頃なのですね ( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )❤︎

 2月、令月
 よい月になるといいですね。